JAZYブランディング

時間価値を上げろ!【2019年 売上向上委員会】

短い睡眠時間で健康を保つ、ショートスリーパーとは?

短い睡眠時間で健康を保つ、ショートスリーパーとは?

睡眠不足が続くと、仕事時間中でも注意力散漫になってしまったり、重要な会議でも突然睡魔に襲われてしった経験がある人は多いと思います。忙しい生活の中で、誰もが時間をできるだけ有効的に使おうとしていますが、生活時間そのものが、一般の人より長く保つことができる人がいます。そういった人はショートスリーパーと呼ばれます。

ショートスリーパーとはどういった人なのか

ショートスリーパーは短い睡眠時間でも健康で日々を過ごせる人を指します。あなたの1日の平均睡眠時間はどれくらいでしょうか?ショートスリーパーは1日の平均睡眠時間が少なくても健康に全く問題なく、日々を過ごすことができます。

ショートスリーパーは脳の眠りが浅い「レム睡眠」の時間が少なく、ノンレム睡眠の時間は一般の人とほとんど差がないということがわかっています。そのため、睡眠時間そのものが短くても特別に不調になったりするということがないのです。

代表的なショートスリーパーをあげるとしたら、エジソン、野口英世、モーツァルトなどがあげられます。日本の有名人では、明石家さんまさん、「ONE PIECE」の尾田栄一郎さん、キャスターの小倉智昭さんなどがショートスリーパーだといわれています。

真のショートスリーパーは10万人に4人しかいないとも言われており、非常に稀です。もし、あなたの周辺で「ショートスリーパー」がいたら、寝不足に慣れてしまっているだけなのかどうかを疑ってみた方がいいかもしれません。

ショートスリーパーにはどんな特徴があるか?

ショートスリーパーは1日6時間以下の睡眠で、元気に過ごせてしまう人のことです。ショートスリーパーは遺伝子で決定されるということが研究されていますが、わざわざ自分がショートスリーパーなのかどうかを調べるために遺伝子調査をするわけにもいかないでしょう。そのため、ショートスリーパーの共通的な特徴をあげてみたいと思います。

  • 楽観的である、メンタルが非常に強い
  • アクティブ、活動家である
  • 痛みに強い体質を持っている
  • 特徴だけを見てみると、メリットばかりで、特にこれといったデメリットもありません。それでいて睡眠が短くて済むということは、普通の人より1日を長く過ごすことができる、つまり年齢的なものだけで測れない「長生き」であるということでもあります。

    仮に1日の平均睡眠時間が2時間少ないということは、普通の人と比べてショートスリーパーには1年間で約700時間の活動時間があるということです。700時間というのは約1ヶ月にあたる時間なので、わかりやすい言葉でいうとショートスリーパーは「1年を体感時間で13ヶ月過ごしている人」であるといえるでしょう。

    ショートスリーパーは努力すればなれるものなのか?

    睡眠時間が短ければ、1日を長く有効的に使うことができるようになります。そのため、仕事中でも集中力を保ちながら、帰宅後も趣味の時間や家族との時間をもっと持つことが可能になります。

    多くの睡眠専門医の研究によると、睡眠時間は前述したように「遺伝子」によって決められており個人の努力によって睡眠時間を意識的に縮めることはできないとされています。しかし、年齢によって睡眠時間が変わるということは専門医も認めるところです。一般的に若い時は睡眠時間が長く、歳を重ねると短くなるようになります。「年寄は朝早い」と言われたりしますが、これは睡眠時間の変化を示しているのです。

    ショートスリーパーとは逆に「ロングスリーパー」とである人もいます。ロングスリーパーは睡眠時間10時間を超える人を指す言葉で、日本人の約3~8%はロングスリーパーだと言われています。アインシュタインもロングスリーパーであり、睡眠時間が非常に長いことで有名でした。

    日本人のほとんどの人はショートスリーパーでも、ロングスリーパーでもない普通の人です。しかし、近年は習慣によってこういった「普通の人」がショートスリーパーになれる可能性があるのではないかという研究もされているのです。もしかしたら未来の人は睡眠時間が少なくても人として活動的に生きることができるようになっているのかもしれません。

    ショートスリーパーでない人が快適な睡眠をとる方法

    将来の話はともかく、ショートスリーパーでもロングスリーパーでもない、いわゆる「普通の人」は「バリアブルスリーパー」と呼ばれ、日本人ではほとんどの人がバリアブルスリーパーです。バリアブルスリーパーは、できるだけ質の高い睡眠をとることが非常に重要です。快適な睡眠をとる方法について考えてみることにしましょう。

  • 毎日決められた生活時間で過ごし、決められた時間に睡眠する
  • メラトニンを摂取する、メラトニンは太陽の光を浴びることで夜間に多く分泌される
  • 適度な運動を行う
  • 風呂に入り、体温をあげる
  • 会社員で仕事に追われている人こそ、睡眠の質は非常に重要です。短い睡眠時間でも質の良い睡眠を意識して毎日を過ごしてみましょう。

    パンフレットを1週間で制作して1日でも早い売上獲得に貢献
    御社の時間価値を最大化します

    ご相談・お申し込みはこちら

    メールでのお問い合わせでも1営業日以内にご連絡いたします。